人気ブログランキング |

miiba-ba&舞の日記 shibamai.exblog.jp

miiba-baと柴ワンコ「舞」の日記でしたが、「舞」は平成30年3月29日に亡くなりました。


by miiba-ba
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:旅( 2 )

二日目も嵐?

花火からホテルへ帰ったのが遅い時間だったので、朝はゆっくりでした。
ところが、遅く帰ったロビーで部屋の鍵を渡されたのですが、何と!4階444号
ホテルの部屋番号としては最低じゃないですか?
そんな番号の部屋を作らなければ問題ないのだし・・・。
すぐに、どうにかしてくれと抗議。
スィートしか空いてないと言われて渋々。

朝食は8時頃ビュッヒェだし、次々に新しいのを入れてくれるので、旅行らしくなく
ゆっくり楽しめました。
荷物整理して出発。

呼子の朝市も時間的に終わりで、でもブラブラ出来ました。
何もこんな所で買わなくてもいいのに、翌日の神棚の立松の用意を忘れてたので
やさしそうなおばあちゃんの売り子さんから買いました。

そこからイカ丸に乗って七ツ釜遊覧の予定が風が強くてキャンセルになり、
大きなジーラ号に乗り換えて海底遊覧になりました。
e0072023_20466.jpg

みんな船底のガラスへくっ付いて、上から落とされるエサに群がる魚の見物です。
e0072023_2054264.jpg

甲板に上がると、すごい風にピンククジラの尾っぽを持ちたいけどままならず(@_@)
e0072023_20272118.jpg


少し遅い昼食でしたが、おさかな村の丼をいただきました。
e0072023_2092247.jpg

最初お刺身で食べて、残りを丼に乗っけて海鮮丼に。
e0072023_20112928.jpg

おさかながとても新鮮で美味しかった~♪

そこからまたバスで門司港レトロへ。
ブラブラする時間はたっぷりあったのですが、岡山へ着いたら10時なので、
夕食をここでとりました。
それと、昨日からの風と寒さと、足の疲れに悲鳴をあげる寸前でした。
2006年4月、舞と初めての泊りがけの由布院旅行の途中でも、ここ門司港へ
来ましたが、やはりすごい風の強さに、早々と次の山口の俵山温泉へ出発
したことを思い出しました。
e0072023_20203791.jpg

辺りの様子も変わって、舞とどこを歩いたか思い出せませんでした。

今回の旅行で、私、すっかり体力に自信がなくなりました。

e0072023_20261985.gif



by shibamai | 2019-04-06 20:29 | | Trackback | Comments(6)
3月30日、31日の一泊二日で長崎のハウステンボスの花火見物に行ってきました。
ツアーです。
9時過ぎの新幹線で小倉まで。
そこから1軒かまぼこ屋へ寄っただけで、ひたすら走ってハウステンボスへ。
添乗員さんに付いてゾロゾロと入場。
端っこにある花火会場の入り口まで案内されて、花火後のバス集合まで解散。
明るいうちにまずは花を見なくちゃ。
e0072023_19365798.jpg

e0072023_2162675.jpg

e0072023_2165219.jpg

e0072023_2173765.jpg

e0072023_2181885.jpg

これはLEDのチューリップ
e0072023_219097.jpg

夜になるとこのように咲かされてます。
e0072023_21102792.jpg

夕暮れてきて、イルミネーションも点灯してきました。
e0072023_21114841.jpg


花火会場の升席へ着きましたが、同じバスの方たちは、子供さんのアトラクションで
遊んでたため、始まってから来ました。
e0072023_21141021.jpg

バスへの出口に向かっての帰りに、時間を気にしながら、少しイルミ撮影。
e0072023_2116294.jpg

e0072023_21162848.jpg

みんな遅れることなく乗り込んで一路また唐津へ。
12時過ぎて大浴場へ入ったのって初めて。

湾の風に震えながら見た花火は最高でした。
雨で中止にならず、1万円ちょっと高い花火代でしたが、その価値は十分でした。
全部動画に撮った花火ですが、YouTubeにはアップロード出来ましたが、
ここへはセキュリティー上アップ出来ず。???

31日のことはまた。

e0072023_21251428.gif

by shibamai | 2019-04-05 20:58 | | Trackback | Comments(0)