miiba-ba&舞の日記 shibamai.exblog.jp

miiba-baと柴ワンコ舞の日々を綴ります


by miiba-ba
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:タケノコ掘り( 10 )

今年はタケノコも早いよと聞いてから4日に行ってみた。
しかし、いかに私好みの小さな土の中のタケノコでも靴裏で探るのは大変でした。
数本見つけただけで一回目は終わり。
10日過ぎて14日に2回目のタケノコ堀り。
今度は見つけやすいのが何本か。
e0072023_205073.jpg

ここの竹やぶは数段になってるのですが、段壁にもニョキニョキ。
e0072023_207078.jpg

これを採るのはちょっと苦労します。
周りの土を途中まで取り除いて、後は剣先スコップで。
数年前までは「もう帰ろうよー」と言ってもなかなか止めなかった堅じいさんですが
最近は年だなあ?体力的に続かなくなったみたい。
おすそ分けする数軒分と我が家分で終わり。

そして19日。
タラの芽とワラビを採りにいつもの山へ。
駐車場から私は南の山へ。
坂道が続くのでしんどい。
e0072023_20165165.jpg

ここはワラビ谷になっていて、来た人はブッシュの中へ入って採ってるらしい。
とうとうこちらの山のタラの芽は心ない人によって全滅。
景色だけ堪能して下りました。
e0072023_20162520.jpg

e0072023_20195158.jpg

遊歩道のそばの数本の採り損なってたワラビを袋へ入れて車まで戻りました。
e0072023_20294281.jpg

反対側の山へ入ってた堅じいさんが採ったワラビとタラの芽です。
e0072023_20245244.jpg

これから木が大きくなれば良いタラの芽が採れそうです。

ところで、今年は2回のタケノコ堀りもワラビ採りも舞を連れて行きませんでした。
いつもは私が行く山の方へ連れて行くのですが、昨今の舞をみてると迷惑でしかないようなので。(´・ω・`)

e0072023_20281943.gif

[PR]
by shibamai | 2016-04-23 20:21 | タケノコ掘り | Trackback | Comments(0)

2度目のタケノコ掘り

1回目は早すぎて、小っちゃいのしか採れなかったタケノコ。
2度目はその後10日ほどして行って来ました。
ちょっとブログアップが遅れました( *´艸`)
私の車の後座席を前席の下へ格納すると、寝られるくらい平らで広くなります。
そこへ一輪車、大小のスコップや袋、軍手など。
あっ、肝心の舞のドライブボックスも。
後部座席に付けたときはこんなことは出来ません。
本当は前席で抱っこして欲しいのかも(#^.^#)
e0072023_20575891.jpg


この日午前中は、別の場所で少しのタラの芽とたくさんのワラビを採りました。
いつものタケノコの場所までの間の港そばでお弁当。
タケノコ掘りは昼からになりましたが、今回は前回より多く20本ばかり採れました。
e0072023_2123521.jpg

いつものように姉のところへお裾分け。
「立派!」と喜んでました。
e0072023_2134074.jpg


e0072023_2142836.gif

[PR]
by shibamai | 2015-04-17 21:10 | タケノコ掘り | Trackback | Comments(2)

ちょっと早かった

小さ目の料亭サイズなら採れるよ、と教えていただいたので、丁度雨の合間の良い天気の2日。
今年初めてのタケノコ堀りに行ってきました。

本当に早かった。
笹の落ち葉を、枯れ枝で横へ横へかき分けてると、コツッとタケノコの頭に当たる。
ほんの5センチの頭を見つけるのが大変。
10本ばかり採れました。
暑かったので、山を下りる途中で休憩タイム!
e0072023_20145451.jpg

舞ちゃん、まぶしいね~
e0072023_20152766.jpg


帰りに姉の家へ3本置いて、我が家用に茹でたちっちゃいタケノコ
e0072023_20165081.jpg

薄切りにして豚肉と炒め、オイスターソースを絡めて夕飯の一品。

もう10日か2週間ほどのちに、もういっぺん行こうかな?

e0072023_2025097.gif

[PR]
by shibamai | 2015-04-04 20:28 | タケノコ掘り | Trackback | Comments(4)

エッサカ掘ってきました

毎年この時期恒例のタケノコ堀りに午前中行ってきました。
今年は多いと聞いてましたが、本当にあちこちニョキニョキでした。
日曜日に行った友人、その2日前に行った友人たち。
その間も何人か掘ってるはずなんだけど、取り残したんではないかと思うほどたくさん。
先っちょが出てるのより、それらしい所を足先で探って頭を見つけたらラッキー!

何段にもなってる竹林の3段まででどっさり採れました。
一輪車と舞がいる場所まで滑らせて降ろします。
e0072023_19564776.jpg

下の林にまで転がります。
掘ってる間待ってた舞。
上でゴソゴソするもんだから、寂しくって登ろうとしてます。
「舞ちゃん、ちょっと待っててネ!全部降ろしたら帰るからネ!」
e0072023_19583244.jpg


帰り道の姉のうちへ10本ほど降ろして、ちょっと遅くなった昼食をうどんの「源久」で。
疲れたけれど満足の今年のタケノコ堀りでした。

家に帰ってから本家とご近所さんにお裾分け。
小さ目のを2本「焼きタケノコ」にして酢味噌でいただきました。
あっ画像無し(´・ω・`)

e0072023_2084379.gif

[PR]
by shibamai | 2014-04-16 20:08 | タケノコ掘り | Trackback | Comments(2)

今年最初のタケノコ掘り

今年はいつまでも寒かったので、遅れてるんだろうと思っていたのに。
「もう、出てたよ」という友人の言葉。
それを伝えると、もう落ち着かない堅じいさん。
昨日、今年最初のタケノコ掘りに出かけました。
周りの山は桜満開。
e0072023_16471120.jpg

いつもの場所で、小さいながらも10数本掘りました。
e0072023_16484325.jpg

こういうとき、舞は持って行った水は飲みません。
咽が乾いてるはずなのに、作って行ったカルピスなら飲みます(T_T)/~~~
e0072023_16501117.jpg


竹林に入って行く時、畑地みたいな所を通ります。
そのときにくっ付いた何かしらの種みたい。
私たちの着ていたものや舞にもたくさんついて、取るのに苦労しました。
e0072023_1702875.jpg


e0072023_1723135.gif

[PR]
by shibamai | 2012-04-13 17:23 | タケノコ掘り | Trackback | Comments(0)

タケノコ掘り

2回目のタケノコ掘りは今週水曜日の予定でした。
しかしずっと雨の予報で、駄目かな?と

昼食時、ちょいの間陽がさしてきたのでGO!
昨日、例の場所で採った友人のご主人が言ってたように、
採りきれないほどニョキニョキ状態でした。
雨も降ってきましたが、30分ほどで30本ちかく採れました。
帰りに姉の家に数本置いてきました。
e0072023_20332711.jpg

今年はこれで終わりです。

e0072023_20343481.gif

[PR]
by shibamai | 2011-05-10 20:34 | タケノコ掘り | Trackback | Comments(0)

タケノコ掘り

今年初めてのタケノコ掘り。
いつもの場所では、今年は無理。
近くの場所で掘れるらしいのだが、分かりづらいので友人が今日行くというので、ご一緒にと現地集合。
商売用のタケノコを掘る竹林ではないので、笹の葉がたくさん積もってます。
靴の裏で探って、とんがってる感触を感じたらこういうタケノコが現れます。
062.gif
e0072023_20241539.jpg

友人からもらった2、3本と合わせての今日の収穫。
e0072023_20282125.jpg


これは竹から産まれた「かぐや姫」ですか?
可愛いですねー。
美人さんですねー。
月に帰らないでねー。010.gif
e0072023_2033174.jpg


e0072023_20371034.gif

[PR]
by shibamai | 2011-04-27 20:38 | タケノコ掘り | Trackback | Comments(2)

タケノコ掘り2回目

先日行ったときは、少し早かったタケノコも「だいぶん大きくなってたよ」という報告を聞いて、行かねば行かねばと堅じいさん。
そうこうしてると、近所から戴いたりして、2回目は今日の午後になりました。
午前のプールから帰って、舞も乗せて出発。
1時間ばかりかけて20本ばかり掘りました。
ネコ車で運んでくる堅じいさんを待ってます。
少しのお墓があるところで、私が墓地へ降りて舞を撮りました。
舞も降りたそうにしてます。
e0072023_1926035.jpg

e0072023_1926227.jpg


少し晴れてきましたが、相変わらず寒い一日でした。

e0072023_19273120.gif

[PR]
by shibamai | 2010-04-23 19:27 | タケノコ掘り | Trackback | Comments(4)

タケノコ掘り

良い天気になったので、タケノコを掘りに行ってきました。
朝市の買い物を済ませてからそのまま行くので、フリーザーバッグも用意して・・・。
舞も行く気満々。
e0072023_19585423.jpg

途中までの道は軽四なら上がれるが、私の車でもギリギリで危ないので下へ停めて一輪車でテクテク。
e0072023_201927.jpg

去年仲間の軽四を停めた場所で見覚えの番号の車が。
一昨日「行けるとしたら土曜日かも~」と言ってた友人がご主人と、この畑の持ち主(?)と一足先に来ていた。
肝心のタケノコはやはりまだ早くて、頭が少し出たぐらいのを掘りたかったんですが、見つけるのは難しかったです。
枯れ葉や笹が厚く重なっているので、少し持ちあがってる所を掘って当てたのは私は1個だけ。
e0072023_20111510.jpg

e0072023_2018181.jpg

e0072023_20182549.jpg

1週間か10日後にもう一度来ようよということで1時間ほどで引き揚げました。
竹林のそばの八朔をいただいて帰りました。
先日の風でたくさん落ちていました。
e0072023_20231020.jpg

柚子もまだたくさん実がついていたのでこれも二ついただきました。
e0072023_20233974.jpg


どこで傷めたのか、舞がちょっとびっこ。
一輪車へ乗せるとそのまま下まで降りようともしない。
e0072023_20165674.jpg

e0072023_20171551.jpg


帰り道姉のうちへ寄って2本ほどおすそ分け。
帰って広げてみるとこんなにあった。
先に来てた友人たちからほとんど分けていただきました。
e0072023_20311953.jpg

すぐに米ぬかで茹でて、夕ご飯へ。
「タケノコご飯」我が家の「木の芽」はまだこんなにちっちゃいです。
「タケノコと蕗の炊き合わせ」
「なめこと豆腐の味噌汁」
「ブリの鍋照り焼き」
e0072023_2035925.jpg


ところで、舞の足。
どうなってるのか。
いつものように夕方の散歩の途中、歩かなくなって抱っこ。
重すぎて降ろすと、普通に歩く。
帰ってから庭でウロウロしてるのを捕まえようとすると、パッと逃げるのに、家の中で遊んでて、急にびっこ。
左手をちょっと持ちあげる。
後ろ向きに膝へ抱っこして点検しても、痛がりもしないし分からない。
明日まで様子見。

e0072023_20394147.gif

[PR]
by shibamai | 2010-04-03 20:40 | タケノコ掘り | Trackback | Comments(8)

タケノコ掘り

友人の実家近くの畑のそばの竹林へタケノコ掘りに出かけました。
毎年都合が合わず、採ってきた物をもらっていました。
今回は堅じいさんの力もあてにされてのタケノコ掘りでした。
こういう段々になってます。
e0072023_203435.jpg

ほったらかしにすると、竹林は大変なことになるので、斜面になってる場所のタケノコを率先して採ったほうがいいらしいです。
切って、切って竹林をスケスケぐらいに手入れできれば良いようです。
男手が少なくなった最近ではどこも困ってるようですね。

この位出たのを掘りました。
出てないのを探って掘るともっといいのかも。
e0072023_2035471.jpg

e0072023_20373211.jpg

舞は見学です。
e0072023_20381360.jpg

友人4人と私たち夫婦。
みんな私たちより若いし、よく動いて掘って採りました。
我が家の一輪車を持って行ってたので、途中の車までの細い道(50センチ)を運んだのは堅じいさん。
e0072023_20385091.jpg

ここまで登れるのは軽四ぐらいです。
何本掘ったのかしら?すごい数です。
e0072023_20451540.jpg

ここから下の道までの途中でワラビを採って、私たちのほかの4人はラッキョウも採って来ると言って山へ。
先に自分の車まで戻って車の鍵を出そうとしたら無い
無様にも、段になった場所、あと少しの坂でダッと転んだんです。
ポケットや袋など、どこにもないのを確かめて、もとの山に戻って、その辺りを探したのですが見当たりません。
ラッキョウ採りの他の人たちも下へ降りてたら、言わなきゃとまた私だけ降りました。
頭の中で「見つからない。こんな落ち葉や竹の中から見つかるはずない。だったらどうしよう?」といろんな方法や「みんなに迷惑をかけるのを最少にするにはどうしたら?」とぐるぐる。
今日に限って、堅じいさんは、私の車や、家の鍵も付いてる自分のキーホルダーを家に置いて来てる。
家の鍵もないので、友人の車で帰っても家にも入れない。
スペアーキーで堅じいさんの車で迎えにも来れない。
息子の会社へ送ってもらい、息子のアパートへ行って、うちの家の鍵を持ち、うちまで送ってもらい、迎えに来て2台で帰り・・・、あっ、また息子の会社へアパートの鍵を返し・・・。
もう頭の中はパニック。
下の車の所まで降りると他の人たちは、舞の散歩をしてるのかと思って休んでいた。
事情を話すと、みんな「探そう!出てくる、出てくる」ともとの山へ。
残って探してた堅じいさんが何度も見た場所で「これ~?」と見つけてくれたんです。
転んだ場所で、また上からどんどん落としてくるタケノコを袋へ入れた場所でした。
みんなで探し出して10分ほどです。
落ち葉の上ではなくて、棒切れで探っていた友人が落ち葉の下から見つけてくれました。
ほ・ん・と・うに助かりました。

帰り道、自生のクレソンを採ったりして、1時頃になった昼食はセルフのうどん屋になってしまいました。
みなさん本当にごめんなさい。040.gif

我が家用の小さいタケノコ。
e0072023_21381492.jpg

クレソンは煮びたしにしました。
e0072023_21385245.jpg

すぐに茹でて、夕食は畑の出始めた木の芽で和えました。
e0072023_21392591.jpg


e0072023_214076.gif

[PR]
by shibamai | 2009-04-15 21:50 | タケノコ掘り | Trackback | Comments(8)